絹美容とは

絹美容は、現代女性の疲れた肌を癒したいとの想いから生まれました

「私の肌はこのまま一生変わらないんじゃないか・・・」
「美肌になるには、どこのエステサロンに行けばいいの?」
「そもそも高いお金を出して通うエステサロンで、本当にお肌はキレイになるの?」

皆さんが感じる疑問・・・
多くの女性が感じるそんな疑問・・・
実はあなただけではなく、美のプロであるエステティシャン自身だってそう。
同じように疑問を感じながら、それでも日々確かな美容法を探索しています。

「まゆのわ」だって同じです。
当初は、皆さんと同じようにこうした切実な悩みを持ってスタートしました。

突然の全身アレルギーの発症

エステティシャンとしてお客様に接する毎日。
自分自身の技術を磨くことは勿論、お客様に少しでも喜んでもらうべく、おすすめのアイテムを日々多くの方々にご紹介していました。
そんな毎日を過ごしていく中で、数年が過ぎたある日のこと。

与えられることに疲れてしまったのか、自分自身の肌が、ある日突然アレルギーを発症してしまいました。
しかも症状は顔だけでなく、全身に。
目をそむけたくなるほどの赤味や腫れ・・・
このままではエステティシャンとしてお客様の前になんて立てない!
そんな絶望の淵に立たされたのです。

重大な気づき

そんなとき、私はふと冷静になり、自分自身の美について今一度考えてみたんです。

・毎日の洗顔、そしてそのあとに肌につけている基礎化粧品たち

・外出に、おしゃれに欠かせないメイクアップ化粧品

・それらを使って365日繰り返すお手入れ方法

「きれいになれる!」と信じて、選び、時間をかけてやってきたことがひょっとして間違っていたんだとしたら・・・

繭のちから

後悔、そして自身の肌との葛藤・・・
だからといって、このままでいいはずがない!
そしてそんなときに私を救ってくれたのが、繭・・・シルクだったんです。
多くの方がまだまだ知らなかった事実。
実は繭からつくられる絹は、古来より美容素材として使われて愛されていたんです。

繭、絹糸、シルク

繭にはセリシンという肌にとても近い成分が含まれています
絹糸で肌をやさしく擦るとピーリングが出来、肌に適度な活性をあたえることも可能です。
そして、医療レベルで調製されたシルクは身体の一部として埋め込むことができるほど人との親和性が高いということもわかりました。

さらに、シルクには肌の常在菌を守り育てるチカラがあることも判明したんです。

まるで、美容のために用意されていたかのような素材

 

そうして繭―シルクが持つ無限の可能性に魅せられ、ある一本の筆が出来上がりました。
日本で育てられた希少な繭で紡がれた糸(生糸)と熊野筆の匠の技術が合わさって出来上がったこの筆は、肌の汚れと角質をやさしく取り除き、リフトアップさせるために最適な道具になりました。

身体に埋め込める医療グレードに調製されたシルクは、その機能を損なうことなく化粧品として再調製され、肌の角質層の代りとして、また肌常在菌を守り育てる素材として日常で使えます。

つまりは、
洗浄・肌活性・肌育成・バランス・プロテクト・・・
肌を癒し、健やかに、そしていまよりも美しく
そんな美の救世主と出会うことが出来たんです。

だれもが、一度は持つ疑問・・・
私の肌は美しくなるのだろうか?
本当にエステで肌がキレイになるの??

カカウンセリング化粧品である【mayunowaシリーズ】と、お客様の肌状態を的確に把握できる経験豊富なエステティシャンが、お客様の肌状態に合わせておこなう肌育成プログラム


そして、日々ご家庭でおこなうためのホームケアアドバイスによって、その答えを自らのお肌であなたも実感できるはず。